極めよう!英語への翻訳

日本語から英語に翻訳するコツ

難しい英語への翻訳

文章を切るように心がけよう

日本語の場合、一つの文章に対して、二つ以上の内容が盛り込まれていること、案外多いですよね。
日常生活においても、知らず知らずのうちに、このように文章の中に多くの話題を詰め込んで話していたりもしますので、それが原因で英語への翻訳が手間取ってしまう事もあります。
英語に翻訳するにあたっては、意識的に文章を簡潔にするように気を付けることが、大切なのです。

例えば、「日本の行事には様々なイベントがありますが、特に最近ではハロウィンが人気です。」という文章があったとします。
この文章では、文中の「が」の文字を区切りとして、二つの文章から構成されていますので、文を分けることができるでしょう。
このように、まずはその文章がどんな風に構成されているのかを考えて、シンプルにすることができるかどうかまずは判断してみるとよいです。

言い回しに気を付けてみる

日本語を話していると分かる通り、文章の中に不要な言い回しを用いていることが多々あります。
このような不要な言い回しをつけてしまいますと、文章は必然的に長くなりますので、これを取り除くのも、英語に訳するうえでは大切になります。
文章を短くするという趣旨を考えると、余計な言い回しはなるべく避け、シンプルに言いたいことだけを伝えるのが望ましいのです。

例えば、「わたしは明日、コーヒーショップに行きたいと思っている。」という文章の場合ですと、文末の「思っている」の部分は、得に加えなくても文の意味としては大きく変わりません。
ですから、この部分を取り除いてしまい、「わたしは明日、コーヒーショップに行きたい。」と文章を簡略化することが可能で、これにより英語への翻訳は非常に簡単になります。


この記事をシェアする