極めよう!英語への翻訳

日本語から英語に翻訳するコツ

難しい英語への翻訳

英語に翻訳するにあたってのポイントはいくつかありますが、まずは一つ一つの文章を出来るだけ短く、そして簡略化することを心がけてみるとよいでしょう。 なぜ、文章を短くすることが上手な翻訳に繋がるのかに関して、日本語と英語の構造の違いを踏まえたうえで考えていきましょう。

文を短くしてみよう

現代社会において、英語を使う機会というのは非常に多く、ビジネスから日常生活における様々なシーンで、英語と接する機会があるでしょう。
例えば、ビジネスでは、米国などの英語圏の会社に進出している企業も多いでしょうから、そのような会社に勤めている場合には、英語が話せることというのは、重要なポイントだったりします。
日常生活においても、英語圏からの観光客も多く、会話をする機会というのも、至る所であるのではないでしょうか。

英語という言語は、わたしたち日本人にとって非常に身近で馴染み深い言語であるものの、満足に英語を話せるという人は意外と少ないものです。
受験や試験対策などのために英語を勉強した経験というのはほとんどの方がお持ちではあるでしょうが、それを日常生活における会話ができるレベルにまで達成しているかどうかというのは、また別問題だったりもします。

そのため、日本語から英語へ、逆に英語から日本語に一旦翻訳をし、言語を理解するという手法をとっている方も多いのではないでしょうか。
辞書や翻訳サイトなどを用いて翻訳することにより、大体の意味を把握することは可能ですから、英語を理解するための簡単な手段としては非常に有効ですよね。

とはいえ、この翻訳も、決して簡単なことではなく、なかなか自分の意としている文にすることが出来ず困った経験のある方もいらっしゃるでしょう。
どんな点に気を付けて翻訳をすると、上手に訳することができるのか、今回はまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

おすすめリンク

曖昧な表現は使わない

日本語の大きな特性として、曖昧な表現が多いという点が挙げられます。 実際、普段の日本語での会話においても、無意識に曖昧な表現を数多く用いているはずです。 この、いわゆる「ぼかした表現」である曖昧さが日本語特有の魅力ではあるものの、特に自動翻訳などを用いて英語に翻訳する場合には、使わない方が無難です。

英語向きの表現に変える

上手に英語にするためのポイントとしては、英語の文章にするにあたり適した表現に置き換えるというのがおすすめです。 特に、どのような表現を英語向きのものに変えればよいのか、そのチョイスに関して詳しく説明していきます。 英語翻訳をするにあたって、活用してみることで、ぐっと英語らしい文章にできるはずです。